yuuの少女少年FANページのロゴ
 
総数 今日:今日の来訪者数 昨日:昨日の来訪者数

やぶうち優先生のブログ

やぶうち優のハジさらしな日記
2015年12月30日
2015年12月19日
2015年12月19日
2015年12月01日
2015年11月18日

はてなブックマーク タグ

「やぶうち優」
登録検索エンジン
メルマガ登録(超不定期更新)
メルマガ登録・解除
少女少年FANへのメール
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
過去ログはこちら
少女少年シリーズ(amazonへ飛びます)
少女少年I-MIZUKI- 少女少年II-KAZUKI- 少女少年III-YUZUKI- 少女少年IV-TSUGUMI- 少女少年V-MINORI- 少女少年VI-NOZOMI- 少女少年VII-CHIAkI- ~少女少年~GO!GO!ICHIGO ドーリィ♪カノン 1 (フラワーコミックス) 少女少年0話
ブログ(更新情報、ニュース、雑記等)RSS

『ゲキカワ✕デビル』の3巻を購入しました

2017年09月30日
ゲキカワ デビル 3 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2017-09-29)
売り上げランキング: 50,193

相変わらず、新刊が発売された時にしか更新しないブログとなってしまいました。

前回の投稿で、学年があがるのかどうか気になってたけど、普通にあがって中学2年生になった。3巻終了時点では中学2年生の8月。最終回はどの時期まですすむのだろうか。やっぱり、中学卒業かな?(やぶうち優先生のことだから、最終回は数年後なんてことはありそうだけど)。そうなると、6巻ぐらいで終了しそうだけど、どうなるんだろうか。

なお、そうそうに主人公二人が両思いになった。昔の少女漫画は両思いになるまでの話だったイメージがあるけど、最近は途中で両思いが発覚することが多いような気がする。両思いになったということはそろそろ終わりなのかなと思ったら、なんだかんだで両思いになってからのほうが長くなってたり(君に届けはいったいどう終わらせる気なのかと)。

恋の話といえば、マイのことが好きなロキは案外早々に退場。もう登場しないような去り方だったように思う(同じクラスだからそれはないと思うのだけど)。逆に今度は、カイのコトを好きな女の子が登場。これからの展開はわからないけど、無理にカイのことを好きにさせる必要あるんだろうか。ただたんにマイのオシャレライバル的存在でいいような気もするのだけど(カイがその女の子のことを好きになる展開にはなりえないだろうし)。まあでも、なんやかんやあってロキのことを好きになるなんて展開になったら面白いかもしれない(ありがちだけど)。

今回登場したフリマアプリの「iissho(いいっしょ)」ってどういう意味なんだろうと思ったけど、北海道弁で、「いいでしょう、いいだろう」とでてきた。まあ、そういわれてみればそうだろうなとは思うけど、北海道弁ということはやっぱりそこからとったのかもしれない(別の地方の方言だったら、別の意味があると思ったと思う)。

それにしても、相変わらず表紙のマイがかわいすぎませんか。平静を装って本屋で買ったけど、はたして30近いおっさんがこんなかわいい女の子の絵の表紙のコミックを買うことを、この本屋の女性店員はどう思ってるのだろうと一瞬考えてしまった。


『ゲキカワ✕デビル』の2巻を購入しました

2017年04月02日
ゲキカワ デビル 2 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2017-03-31)
売り上げランキング: 18,329

2巻発売したとのことて買ってきた。

帯には『ちゃおで人気No1のオシャレまんが』とのこと。これは、現在ちゃおで連載している漫画の中で人気No1ということなのだろうか。それとも、歴代のちゃおで連載していたオシャレまんだの中で人気No1ということだろうか。それとも、現在ちゃおで連載しているオシャレまんがの中で人気No1ということだろうか。

嬉しかったのが、ちゃお3月号についていた、『やぶうち優先生 伝説のヒミツ』が載っていたこと。

正直、これが載っていることで買おうかどうしようか迷ったぐらいなので、本当によかった。おなじくちゃお3月号に掲載された、『世界の果ての、真ん中で。』と『ゲキカワデビル』のコラボ漫画も収録。こんなに速くコミックスに収録されるとは思ってなかったのでうれしい。

と、まあそれはともかく、今回は昔のマイを知っている転校生(ロキ)が登場。転校生が登場するのは予告で知ってたけど、てっきり今のマンションに転校する前の幼名馴染みかと思ったら、前の小学校から転校したカイとも知り合いの転校生だった。ジミマイというあだ名の名付け人だそう。
どうも、その転校生の父親はそこそこ人気のファッションブランド店の社長だそう(ただし、安いけどかわいいのがないと不評)。そこで、マイはファッションコーディネーターになる展開になるっぽい。中学生が働くってそれって法律違反じゃ……、と思ったけど、それなら漫画家は中学生でいいのかという話だし、実はそのへんの法律はよく分かってない。会社に所属するのではなく、フリーなら大丈夫なのかも(漫画の設定にいちいち考え過ぎだけど)。


それはそうと、前巻では意識してなかったけど、この漫画って掲載誌と同じように季節がどんどんすすんでいっていく。この調子だと、次巻では年度またぐのだけど、学年はあがるのだろうか。それとも、中1のままなのだろうか。あまりやぶうち優先生の作品って、年が変わらないまま年度をまたぐイメージはないのだけど。まあ、『世界の果ての、真ん中で』はある意味、季節がいろいろ変わってたったか。後、『おちゃらかほい!』の最終話は、「ギャグ漫画だから学年が変わらないので3年生も卒業しない」みたいな終わり方だったような。

それはそうと、掲載誌にあわせて話がすすむということもあって、今回の話の最後はバレンタインの話。実は意外と、というのもへんだけど、やぶうち優先生の漫画ってそんなにバレンタインの話がない。確か、少女少年シリーズもないしょのつぼみシリーズもバレンタインの話はなかったはず。多分、掲載誌が学年誌ということもあって、バレンタインの時期は物語の佳境を迎えなきゃいけないことから、バレンタインなんてイベント回をやってる場合ではないからだと思う(といっても、同じく掲載誌が学年誌の『EVE★少女のたまご★』にはバレンタイン回があったけど)。
『ドーリィ♪カノン』にも、番外編ではバレンタインの話はあったけど、本編ではなかったしね(そもそも、本編はバレンタインになるまでに奏四は海外に行ってしまった)。
そういえば、『水色時代』にはバレンタイン回があったっけ。チョコが先生に没収されてたような。そういえば、『水色時代』も掲載誌と同じように季節がすすんでたけど、あれは学年があがってたような。
後、思いつくのは『おちゃらかほい!』とか。探せば他にもあると思うけど。

後、主人公が見た映画かわからないけど、映画館に『俺の名は。』という映画の宣伝。自分の名前も分からない、記憶喪失物っぽい(元ネタの『君の名は。』もある意味、記憶をなくす話だから、記憶喪失ものだけど)。

『世界の果ての、真ん中で。』を購入しました

2017年02月04日
世界の果ての、真ん中で。 (ちゃおコミックス)
やぶうち 優
小学館 (2017-02-01)
売り上げランキング: 14,212

もはや、やぶうち優先生の新刊がでた時しか更新しなくなったこのブログ。まあ、ドリカノ終了した時からこうなるんじゃないかと予想してました。

というわけで買いました。世界の果ての、真ん中で。
5年という、ある意味でドリカノ以上の長期連載シリーズがようやくコミックス化。ちゃおデラックスという季刊誌という掲載ということもあってか、最初のエピソード0,1,7が夏服でそれ以外は冬服という。学年途中であがってるってわけではないと思うけど(そもそも何年生なんだっけ?)
ドリカノ掲載時にちゃおデラックスを買っているときもあったので、何話か読んだ記憶がある話もあったけど、いい話だったように思う。
自分も人付き合い面倒だと思うタイプだし、真帆の気持ちは共感できる気がする。後、自分もサプライズはちょっと苦手で、どういう反応したらいいか分からない。
まあ、それだけで一緒にしちゃ怒られそうだけど。自分、美少女じゃないし、面倒以前にお前の場合コミュ障だろと脳内自分が突っ込んでるし。
全体的によかったのだけど、しいていうなら、男の方(里中)が真帆のことを何で好きになったのかよく分からなかったのがちょっともやっとした。好きなんだろうなというのは分かってたけど、そんなことを感じさせないようにできるだけ平静を装ってる感じだったから。
まあ、世界の、というより話の中心は真帆だから仕方ないか。

そしてそして、最終話はやぶうち優先生の漫画によくある、数年後パターンでした(何年後かはわからないけど)。
やぶうち優先生の最終話が○年後という展開の漫画まとめ | yuuの少女少年FANブログ
本当好きなんだなぁ。この終わり方(自分も好きです)。

ところで、話の内容以外で気になったのが帯。
『天才 やぶうち優が描く思春期の痛み』と天才と書いてあるという。
いやまあ、自分もそれはずっと前から思ってるのだけど、これって多分、担当さんが考えたんだよね? 推薦文ならともかく、担当さんが担当している漫画家の紹介に天才と書くのってどうなんだとちょっと思った。
どうせならもっとこう推薦文っぽく、「漫画編集者の私ですが、思春期の痛みをリアルに描いたやぶうち優はやっぱり天才だ」みたいな感じで(それはそれでおかしいか)。
そもそも、やぶうち優先生のことを知っている人向けのメッセージになってる気がするんですよね。いやでも、天才と書いてあれば知らない人でもそれはそれで気になるか。ここまで長々と書いてきて、つまらないことで気にしすぎなような気がしてきた。むしろ、ここまで気にするってことは、それだけいいメッセージということなのかもしれない。

ところで、ちゃお本誌の3月号に特別編が収録されてるそうなのだけど、コミックスに掲載されてる話とは別なのか? どうせ特別編書くなら、里中視点で描いてほしいのだけど(少女漫画だから多分、そうじゃない)。
いったい、コミックスに収録されるのはいつになることやら。いや、ゲキカワデビルと一緒に収録されるか?

『ゲキカワ✕デビル』の1巻を購入しました

2016年10月01日
ゲキカワ デビル 1 (ちゃおコミックス)
ゲキカワ デビル 1 (ちゃおコミックス)

やぶうち優先生の最新巻がでたとのことで購入しました。

この漫画が始まったときは、担当さんや編集の人から希望を聞いたうえで作ったとあったので、やぶうち先生の描きたい漫画ではないのだろうなと思いました。
実際、いかにも女の子ウケしそうなオシャレ指南の漫画という。まあ、別にそれが悪いわけではないです。
ただ、自分みたいな男(というよりアラサーのおっさん)としてはあまりにもターゲット層とかけ離れすぎて楽しめないだろうなと(ドリカノはターゲット層なのかよというツッコミはさておき)。
まあ、やぶうち優先生のファンである自分としては買わなきゃいけませんけどね。作者買いです作者買い。
ただね、感想は正直に書きます。自分は面白いと思わないだろうけど、面白くないと思ったらそう書きます。

そして、発売日になったので買って読みました。

これがかなり面白い。

期待値が低かったこともあるかもしれませんが、面白かったです。
そもそも、自分は雑学ネタとか豆知識とか入っている話ってよくよく考えたら結構面白いと思う人間なんですよ。それは、女の子のためのオシャレ講座でも同じだったようです。
よくよく考えたら、ちゃおを定期購読しているときも、めちゃモテ委員長は結構面白いと思った覚えがあります。
それに、女の子がかわいくオシャレしようと思うのは男の子に気に入られたいからなんですよね。
そうやって男の子に気に入られようと一生懸命オシャレした女の子のイラストを見て、男の自分は「かわいい!」と思ったわけです。
よくよく考えたら、当然ですね。
こういう、地味な女の子が一生懸命オシャレするのって結構好きかもしれない(舞菜もそういう意味では、よかったんですけどね。何で豹変しちゃったんだろうかと)。

他にも、設定がすごくいい。
主人公と同じマンションの男の子の親が忙しくてなかなか家にいないからという理由で、主人公が男の家にあがりこんで料理つくってくれるとか一緒にゲームするとか。こんな彼女ほしいと思う。
というより、主人公は自分の家より男の家にいる描写ばかりなのだけど、自分の家はどうなってるんだ。両親が離婚したとあったけど、父と母どっちと暮らしているのかよく分からなかった(どちらでもない可能性があるけど)。「周りからママのカゲ口言われて」とあったから、母親が男連れて去って父と二人暮らしなのかなぁ?
ツッコミどころといえば、何で同じマンションの、しかも上下階の家だというのに、部屋の広さが全然違うのだろうかと。リビングの広さが違うってだけじゃないのかと思うけど、どうなんだろう。

後、チンアナゴを飼っているという設定は何気に新しくて面白かった。何でチンアナゴと思ったけど、たしかにかわいいかもしれない。

【更新情報】サイドストーリーに『ドリ♪カノで学ぶセキュリティ~パスワード問題~』を追加しました

2016年06月09日
サイドストーリー|yuuの少女少年FANページ

久々にサイトを更新。
前々からアイデアはあった学ぶ系の小説です。
一応、IT企業につとめているということで、セキュリティを題材に書いてみました(といってもうちの会社のセキュリティはダメダメです)。

セキュリティの中でも今回はパスワード問題についてとりあげてみました。
簡単にいうと、パスワードの使い回しはやめましょうという話。心音は少し特殊なパスワードの覚え方をしているということにしました。ただ、それをオチにするには弱かったかも。

今回の話で参考にしたのは下記ページ。気になったら読んでみてください。
パスワード-もっと強くキミを守りたい- : IPA情報処理推進機構
ハッシュ化とは|hashing|ハッシング - 意味/定義 : IT用語辞典
Exchangeable image file format - Wikipedia
誕生日攻撃 - Wikipedia
ちょっとセキュアな「いつもの」パスワード - ぼくはまちちゃん!(Hatena)

Pixiv(ブックマーク)

Yahoo!オークション検索

「やぶうち優」
広告